お問合せ・お申込みはこちらまで 公式LINE

先生紹介

高木ゆき先生プロフィール写真

はじめまして!講師の高木ゆきです。
この度はたかぎピアノ教室スミレミュージックスクールのホームページをご覧頂きありがとうございます。
こちらでは私がピアノの先生になるまでの軌跡を紹介いたします。

幼少時代

大阪市生まれ。3歳で大阪府大東市の山に引っ越し。トトロに出てくるような森で活発に外遊びする幼少。

3歳からカワイ音楽遊び教室に入会。4歳でヤマハ音楽教室へ。年長でヤマハJ専門コースに進級。
J専クラス最年少のため着いていくのが大変なことを今でも記憶しています。上手く弾けなくて、クラスから追い出されて1人で練習させられた苦い記憶も。

また先生が怖すぎて「こんな先生にはなりたくない!」と私の反面教師モデルに。母が私にピアノを習わしたい気持ちが強いことを小さいながらにわかっていたので「辞めたい」とは思ったことも、言ったこともありませんでした。

劣等感をもった小学生時代

ヤマハJ専を小3で卒業、音大出身の親戚の紹介で個人のピアノの先生へ。今まで怒られてばっかりだったピアノだったのに、一切怒られないように!「楽しい」というよりホッとした記憶があります。

小4でグランドピアノを買ってもらいました。
自ら欲しがった訳ではありませんでしたが、親はその時に必要なものとして私に投資してくれました。

コンクールでは小4の時に1度だけ受賞、小5から長い反抗期に入りその後入賞せず。「自分は上手くない」と劣等感を感じていました。

小学校では常にピアノ伴奏を先生から頼まれて嬉しい反面、他のクラスの女子から疎まれたりして、「ピアノを弾けることは他人にひけらかすものではない」と感じていた高学年でした。


「もっと上手な子がいるのに、なんでゆきちゃんばっかり..」そんな声が聞こえてきたことも。
今思えばたんなるやっかみでしたが、人知れず傷ついていました。

卒業アルバムに書いた将来の夢は
「ピアノの先生と、夜は裏漫画家」

吹奏楽部

小学校卒業と同時に奈良県生駒市へ引っ越し。
私の中の自慢「小学校では常にピアノの伴奏者」を知る人もおらず、自分がピアノを弾けることさえ言うこともありませんでした。

中学の思い出は、吹奏楽部(打楽器)休みもほぼない位に厳しい部活でしたが、吹奏楽コンクールでは関西大会で金賞などもいただき良い思い出です。その後、母校は吹奏楽で全国的に有名に。

吹奏楽の経験がオルガン演奏での基礎知識になったり、レッスン指導で役立っています。

高校は女子校へ

中学で部活をしすぎた反動で高校は帰宅部を選択。お嬢さん達が通うようなのんびりとした学校だったので穏やかで楽しく、カナダに短期留学経験もさせてもらい、恵まれた幸せを感じていました。

もちろんピアノは続けていましたが、先生からは「音大なら短大しか無理」と言われてあっさり断念。四年制大学を目指せる学部を決意しました。

大学は建築の道へ

武庫川女子大学短期大学部・生活造形学科・インテリアコース入学。学部の自由さ・個性的な学友と出会い、中高校時代のモヤモヤを払拭すべく、授業や大学内活動へ積極的に参加し、楽しく充実した短大時代でした。

3年次に武庫川女子大学・生活環境学部・生活環境学科(現建築学部)に編入学。憧れの四大生に!編入すると単位を沢山取る必要があり、残り2年間もほぼ毎日大学に通う日々でした。

充実した大学生活でしたが、就職氷河期で就活は苦労しました。

就職氷河期

100社受けて1社内定をいただいたのは、中小企業の家族経営的な住宅リフォーム会社の営業職。ガッツがある方で、カーテンの新規仕事も取って来たりと営業成績は良かったです。毎朝7時台に家を出て、22時に帰宅する毎日・・疲弊し半年で退職。

ピアノはなんとか続けていました。

結婚、そしてワンオペ育児

私23歳、主人24歳で結婚。今まで親にぬくぬくと育てられてきたので、家庭を持つこと、人生の試練を感じました。それは主人も一緒だと思います。

23歳〜27歳、主人は会社員をしながら難関の一級建築士を目指していました。とにかくお互いに必死でした。資格をとるので精一杯な主人。専業主婦である私に育児・家事の負担が覆いかぶさっていました。

学生時代の友人は社会で活躍しているのに私だけ取り残されている気がして、「社会との関わりを持ちたい!」と子育てしながら出来ることを考え、「雑貨作りをしよう!」と決意。

夜中に雑貨や帽子を作り始めましたが、やり出したら突き詰める性格が災いし体調を崩し断念しました。

ピアノの先生を目指す

くすぶっている私を見て、26歳の時に母が新聞広告でたまたまピアノ講師の募集記事を見つけてきました。ピアノ講師になるにはレッスン代が必要・・それを捻出するために病院の看護助手を始めました。

過酷な患者さんのお世話(いい人生経験はさせていただいたと思っています!)今振り返っても人生最大の底でした。追い討ちをかけるように、27歳の時に父が闘病の末他界。

ワンオペ育児時代は、近所のママ友仲間に支えられました。「ゆきさんは実行力があるよね。ピアノの先生になるっていっていたもんね」「子育てしながら、講師資格も取って、自分自身もコンクールに出て、ストイックで上昇志向ですごいと思う」嬉しい励ましでした。

気づいた!目覚めた!

27歳でローランドピアノ講師資格取得。私は出産・育児の傍、ピアノレッスンをなんとか続け、時にお腹の大きい状態でもピアノ発表会に出演しました。

「私はそんなに上手くない」と思っていた学生時代。いざ講師の勉強を始めてみると、講師資格取得のための課題曲もなんなくクリアできるレベルを持ち合わせていたし、大体の曲は耳コピをすることもできる。「意外と音楽の能力がある?!」と初めて気づきました。

15年ぶりに受けたピアノコンクールでは、敢闘賞を受賞。「年齢を重ね、色んな経験を積んで演奏に深みが出て良くなったね」と恩師からの言葉が嬉しくて心に残っています。ピアノを辞めようと思ったことはありませんが、ボツボツ続けていただけの私の話を聞いてくれたり、ピアノ指導をして下さった恩師に感謝しています。

今になって思うことは、学生の頃の私は傷つきたくなくて挑戦をしなかっただけなのだと気づきました。だから心が悶々とするくらいなら、目標を掲げて挑戦することにしています。

紆余曲折を経てピアノ講師になった私。小学生の時の夢がまさか現実になるとは自分でも驚きですが、「クラシックの基礎」と「ピアノを長く続けたこと」で、遠回りしながらも自分の天職を見つけられたことを幸せに思っています。

生徒には「長く続けることで自信につながる」「特技を持つことで自分の自信になる」「クラシックの基礎と音楽的な演奏」の大切さを伝えながら、レッスンしています。

いざピアノの先生になって‥

27歳でピアノ講師資格取得。同時期に資格取得した講師仲間とリトミック教室をスタート。

この頃、長女幼稚園入園。幼稚園友達を数人教え始めましたが私の未熟さの故、辞められた経験も。その経験が辛く悔しくて「どうやったら伸びるか」を考えたり、本を読んだりして研究するようになりました。

「ローランドはオルガン(エレクトーン)も弾ける必要がある」とローランド講師からの助言で、28歳でオルガンスタート。33歳でオルガンコンクールで全国大会出場。この頃から生徒が増え始めました。

現在

忙しいながらも生徒さんとの充実したレッスンの毎日。2021年度より単独発表会を毎年開催しています。

子育て、長女

長女は楽天家・人好きで好奇心旺盛な子で、先生に好かれるタイプ。娘は3歳からリトミック、ピアノを習い、私も家庭練習のサポートをしました。耳がいい子で器用。

ローランドのオルガンコンクールで2度全国大会に行かせてもらいました。小学生時代の習い事は、そろばんとピアノと合唱クラブ。あえて習い事の数を少なくして好きなことに打ち込むことで、人より得意なものを伸ばせるようにとの考えがありました。

『社会で活躍できる自立した女性』『自分の興味を見つけて、そのことに時間をかけてほしい』という願いから中高一貫校に進学。

『女の人は技術がないとダメよ』母の教えによりピアノが特技となった私。自らの経験から『特技があれば身を助く』『ひとつのことに自信を持てるようになってほしい』と願って子育てをしてきました。大学生になった娘は今も音楽を続けています。

長男の虐待疑惑

長男は少し変わった子でした。特にこだわりが強く、テレビっ子。びっくりしたのは、3歳児が高校2年の数学を観ていたこと!気に入らないことがあると、とにかくよく泣きました。あまりに激しく泣くので、3歳の時に近所の人に通報されて警察に訪問されたことも・・

なんと!体にあざがあるかどうかを確認されました。今では笑い話ですがドキドキしたのを覚えています。一所懸命に子育てしているのに・・周りにそう思われていたかと思うと、ショックでしばらく誰にも言えませんでした。

息子は何度言ってもわかってくれない。何をしても誤魔化しがきかない・・『なんでわからないの?』とにかく、自分の躾がいけないんじゃないの?と、自分の子育てを否定して辛い時期もありました。

息子が自分に自信を持てるようになれば・・色んなことをさせてみました。サッカー、ドラム、水泳・・・高校になった今もサッカーを続けています。

次男もかなりのマイペース

末っ子の次男は、家族全員の癒し的存在。家族の会話に自然と入り込み、自分も話の輪の中に溶け込んでいく術を備えています。

外遊びが好きで将来はキッチンカーを自分で作り、田舎と都会の二拠点生活をしたいと夢見ている・・なんともゆる〜い考えの持ち主です。常に楽しくありたいようで、目の前の勉強に対しては視界さえ入っていない様子ですが・・自分なりの幸せを見つけてくれたら良いなと願いながら、まだまだ子育て奮闘中です。

生徒さんの指導

高木ゆき先生のプロフィール
高木ゆき先生のプロフィール

こんな3人3様の子育てをしたら、なんでもござれ状態。色んな生徒さんがいますが、一人一人違って面白い。その子その子に応じた対応も、寄り添うこともできる自信があります。常に心を砕いて接するようにしています。人のために動くことが好きで、頼られたら俄然頑張ってしまうタイプです!